結婚式に関わる幸せを演出してくれるサービスはとても多くなった

happy after wedding
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事

決断の決め手

結婚式場を検討するときには、二人が納得して決められるのがとても重要です。そこで、決断の決め手となる各会場の特徴が、どのような形で求められる要素を満たしているのか、という点に注目するのが重要です。

詳細を読む

事情があっても大丈夫

今や台紙だけではない

結婚式に招待されたけれど、都合で出席出来なかったり、招待されてはいないけどお祝いの気持ちを形にしたい。そんな時に送るのが祝電です。 もちろん入学や卒業と言ったお祝い事にも祝電は用いますが、場を温かく盛り上げるアイテムとして効果的なのは、やはり結婚式に送る祝電でしょう。 最近では台紙の種類も豊富になり、以前からよく知られているぬいぐるみ付きの電報の他にも、押し花をあしらった物や、押すと音が鳴る物、刺繍が施された見た目にも豪華な物など、種類は様々です。 マシュマロに文字を書いて送ってくれる物もありますし、やはり人気なのはブリザーブドフラワーや生花を一緒に送れる祝電ですし、結婚式ならバルーン付きの華やかな物も喜ばれるようです。

初心者でも安心の祝電の送り方

電報は大手通信会社のみならず、最近は様々な業者が取り扱っています。 どちらに頼むにしろ、必要事項はほぼ同じで、祝電を届けたい結婚式の会場の住所や名称はもちろん必須です。会場の名称ではなく新郎新婦宛でもかまいませんが、新婦の場合は旧姓で贈るのがマナーのようです。 電報を送る日時、文面をしっかりと決めて、電話やメールで依頼しますが、文面は定型文が用意されているので、祝電初心者も安心して送れます。 同じ文面でも、ひらがなだけより、漢字を入れた文章ですと割高となります。 料金は電報代と台紙代がかかり、台紙は0円から用意されていますが、祝電に0円の通常の台紙というのはやはり失礼になりますので、場所にふさわしい物になるよう配慮しましょう。

料金に注目

ブライダルヘアメイクを活用するときに注目しておきたいのは、料金が内容によって変わるという点です。ですから、事前にどうなるといくらかかるのかをよく調べて、ちょうどよいものを選ぶのが大切です。

詳細を読む

サービスへのこだわり

少人数結婚式が最近は人気になってきていますが、そこで注目したいのはサービスへのこだわりです。価格が安いからといって手抜きなしの、最高の時間を提供してもらえるプランなのが特徴です。

詳細を読む

便利なのが特徴

二次会に景品のセットを活用すると、悩ましい結婚式のアフターパーティにおけるゲームのプレゼントに悩む必要が一切なくなります。忙しい幹事さんをサポートできて、便利なのが特徴です。

詳細を読む